ナナコロビヤオキな人生哲学。

フリーランスからホームレスになって、コンビニエンスな業界で、人生一発逆転を狙ってます。何度転んでも、タダでは起き上がらんぞ!

腰を痛めない。絶対に腰痛を起こさないための重要なポイントとは

チャーハンは直火で炒めたいですが、

腰は痛めたくない、池田です。

 

腰があいたたたたってきたときのせつなさと頼りなさときたら

もはや悲しみを通り越して哀愁すら漂ってきます。

 

周りの人が腰を痛いと言い出すと見てて辛そうだし、

「腰はくせになるからなぁ。」

なんてボヤく人、必ず周りにおるし。

 

そんな腰の痛みとはもうオサラバです。

 

腰を痛めないためには、とにかくドローインを意識するべし

と覚えておいてください。

今日のブログこれだけでオッケー!

はい終わり。お疲れ様でした、さようなら。

 

 

 

え!なんだよ、もっと教えてくれよ!まださようならしたくないぜ池ちゃん!

そんな人はこれより下

ドローインとはなんぞやってことなんかを具体的に見ていきますので

お付き合いください。

 

特に重たいものを持つとき!

ドローインを意識するのとしないのとでは腰へかかる負担が大違い。

 

たとえば腰にサポーターを巻いて生活してるような感じ

といったら想像しやすいでしょうかね。

サポーターを巻いてることで少し腹回りは窮屈になりますが

重たいものを持つときや、かがんだり起き上がったりする動作に不安はないはずです。

 

ドローインを覚えることで、自分の身体がサポーター代わりになってくれるんです。

なんと心強い。

 

初めて聞いた人は覚えてね。ドローイン。

ドローイン知ってる人は、やってね。

では見ていきましょう。

  1. キーワードは、ドローイン
  2. プランク
  3. 腹圧をかける

 

 

 

・キーワードは、ドローイン。

ドローインとはトレーニングの種目の1種です。

これをやると・・・

男性は腹筋の割れたバキバキの身体に近づきます。

女性はくびれのくっきりした美ボディになれます。

 

いいですよね、くびれ。好きです、くびれ。

 

まずはこちらの動画を見てください。

 

youtu.be

 

お腹周りの腹横筋という部位を主に鍛えるための

「誰でも」「どこでも」「簡単に」できる

しかし奥が深い

トレーニングになっています。

 

プランク

プランクはとっても効くトレーニングですが、

今回は腰痛のために取り上げるだけなので、

無理してやんなくてもいいです。

 

でもやったら効きますけどね。

俺はやらなくてもいいや。って思っているそこのあなた。

やらなくても見て欲しい箇所があります。

 

youtu.be

 

1分前後の箇所から動画をスタートさせていますが、

ドローインを意識せずにプランクをすると、

全身の負担が全て真ん中の腰にかかってしまいます。

腰にとてつもない負担がかかっているのがおわかりいただけるでしょうか?

 

・腹圧をかける

ここまでくると、なぜプランクのトレーニング動画をご覧いただいたのか

わかってきたかな?

 

~ドローインをした状態~

お腹周りの筋肉で身体を支えているため腰に負担がかからない。

 

~ドローインをしていない状態~

お腹周りの筋肉が緩んでいるため、身体を支えるために腰に負担がかかってしまう。

 

腰を痛めてしまう人は、ドローインを意識しましょう。

 

どんなときに意識する?

・重たいものを持ち上げるとき

・しゃがんで起き上がるとき

・落としたものを拾うとき

 

他にも日常生活で腰に負担がかかっていそうだぞ?

と思う動作をする際には、ドローインを意識して

動作を行うようにしてください。

 

これでばっちり。おさらば腰痛!