ナナコロビヤオキな人生哲学。

フリーランスからホームレスになって、コンビニエンスな業界で、人生一発逆転を狙ってます。何度転んでも、タダでは起き上がらんぞ!

鬱と向き合う。ありのままの自分と向き合う。

鬱を抜け出そう!

(どうせ無理って言わないでくださいね)

 

鬱になるって、

他人と交わることがめんどくさい。

自分でやろうと思ったことができない。

そもそもやる気すら起こらない。

 

こういう人だと思うんだけど

これって、人生成功したい!って気持ちがあるから

それに縛られるんじゃないかなと思うんですよね。

 

成功と、現状のギャップというか。

こういうものに悩まされているんじゃないでしょうか。

 

努力しても成功しないよ?

成功したって、人生そこでゴールじゃなくて、

失敗する恐怖とも付き合っていかないといけないんだよ?

 

 

こういうことに「いつ気づけるか?」

 

っていうことやと思うんです。

 

たとえば

ホームレスで収入がなかった人が

お金持ちになって収入が増えたら、

今度はまたお金のある生活に慣れてしまって

お金を失う恐怖と闘うことになるんです。

 

 

どーせ自分には何にもないのだから。

失うものは何もないわけだし。

 

踏み出してみたら?って思うんだけど

 

当人が抱えている問題っていうのは、

その当時は目の前にとてつもなくでかい壁が存在していて、

そこから抜け出せないように感じてしまうんですよね。

 

 

解決しようとすら思わないっていうのも大切なような気がします。

 

まずはありのまま、自分って鬱なんだよね。と周りの人に話してみる。

 

人って辛いのは自分だけじゃないんですよ。

みんなどっかで悩みを抱えながら生きている。

 

私も鬱なんだよ!っていう人に出会えたら

楽になるのはもちろんのこと、

話し相手が鬱ではなかったとしても

相手の悩みも聞くことで

自分以外にも悩んでる人っているんだな

 

そう実感することができるはずです。

そういうのが大切です。