イケトレ。

いけださんが教えるイケメン、イケ女になれるトレーニング法。それが「イケトレ。」です。初心者でも手軽に、筋力アップやダイエット。そんな手助けができるブログを目指しています。

鬱でもクズでも一人前の社会人としてやっていく方法

画像をアップロードしようと思ったんだけど、

フォルダにある画像がセクシーな画像ばっかり・・・(笑)

 

探してもなかなか出てこないんだよな~参ったこりゃ。

 

とりたい資格があるんだが、

受験料がスロットのメダルに換算して350枚。

パチンコでいうところの2000発弱。

 

ジャグラーでビック引けたら受験しようかな。

 

 

こんなことを考えながら日々を送っている自分は確実にクズやと思うんだけど・・・

 

●クズでも、鬱でも、社会でやっていける秘策を伝授。

鬱になったら他人の役に立てる行動をしてみるっていうのがいいと思うよ。

 

「でもさ、自分の気がのらないし・・・」

 

 

まあとりあえずさ、

 

自分のことは一旦脇に置いといてよ。

 

誰か自分のことを頼ってくれる人がいるっていうのは

人間にとって結構大事なもんだったりするんよ?

 

 

 

自分が鬱で鬱で、何もしたくなくて家に引きこもってたとき、

 

ワンピースやハンターハンターのアニメを1話から全部見返したり

(起きては見て、見ては寝て、起きては見て、みたいな俳人状態)

 

毎日どうしようもない生活を送ってたわけよ。

 

そんなどうしようもない自分を救ってくれたのは、

 

こんな自分に頼ってくれて、必要だと助けを求めてくれた、

 

とある社長だったからね。

 

 

そこからは精神的混乱に陥ることはあっても、必死に働いた。

毎日ちゃんと朝起きて、仕事へ行ってるうちに

いつの間にか朝起きることが苦じゃなくなっていた。

いつの間にか、精神的な苦痛も取り去られてた。

 

いつの間にか鬱から脱出していたんだ。

 

困難から抜け出したい気持ちはすごくわかる。

でもなかなか解決しない問題っていうのは・・・

 

「いったん脇に置いといてさっ」

 

こういう策も必要なんじゃないのかな??

 

自分のことは後回し。めんどくさいって気持ちも後回し。

見たいアニメも後回し。

 

仕事していない人は家族の手伝いでもいいんじゃない?

 

誰かに必要とされたり

頼りにされること

役割をもらうことっていうのは

 

 

鬱を抜け出すきっかけになると思うんだ。

 

自分が自分がって考えると

今がしんどくなっちゃう。

 

周囲の人の役に立てるよう

行動していったらどうだろうか