ナナコロビヤオキな人生哲学。

フリーランスからホームレスになって、コンビニエンスな業界で、人生一発逆転を狙ってます。何度転んでも、タダでは起き上がらんぞ!

そうだ、やり方を変えればええんや。

科学のことをもっと好きになれていたらなあと思うことがある

 

仮説

実験

そして失敗

 

この繰り返し。

 

このプロセスのなかにしか

成功っていうものはないんじゃないかと思っている。

 

昔ほど成功っていうものを追い求めなくなった今でも

 

仕事はしなきゃいけないし

生きていかなければいけない。

 

何事もうまいことやるには

 

一度でうまくいくことなんてほとんどない。

 

 

目に見える形は違っても

 

仮説

実験

失敗

 

この繰り返しで全ては回っているような気がするのだ。

 

そうであるならば、

様様な仮説のたてかた

実験方法

そしてそれをどうやって検証していくのか

 

こういう発想を学校教育で

訓練しておけばよかったなあ

 

と今思っても

もう遅い。

 

とすれば、考えるべきことは

今から自分の人生で

 

数多くの仮説を立て

実験をし

失敗を繰り返す。

 

いかにこのプロセスを

たくさんこなしていくか

 

これに尽きるのではないだろうか。

 

となると、失敗ばかりしてるわ~。

 

という気分で毎日過ごしていては

決して続かない

 

気が滅入ってしまう。

 

 

私たちが過ごす毎日の人生は

 

成功or失敗

 

Dead or Alive

 

なのではなく、

数多くの実験には失敗しても、

 

うまくいかないやり方を見つけた

ということにすれば

 

日々上達のステップを踏んでいくことができるんじゃなかろうか。

 

人生における真理とは

 

失敗=死亡フラグ

 

などではなく、

 

失敗=上達

 

なんじゃなかろうか?

 

こうとらえれば、

失敗なんか1ミリも恐くない。

 

いつまでも

どこまでも

失敗できる

 

いつまでも

どこまでも

上達していける

 

実験と

上達

 

そんな人生の1ページを

今日も刻んでいけたらいいなと思う。