イケトレ。

いけださんが教えるイケメン、イケ女になれるトレーニング法。それが「イケトレ。」です。初心者でも手軽に、筋力アップやダイエット。そんな手助けができるブログを目指しています。

学歴ってのは一つのレールに過ぎない。それ以外のレールをつくりたい人は作りゃあいい。

コメント欄が戦場になっている。

学歴あるある。

www.ikemenmusuko.net

 

●まずは私の履歴書から

私は学歴社会のなかでは、勝ちを自ら手放したような存在。

学歴社会からは途中で堕落した人間です。(まあ自爆なんですけどね、とほほ)

 

高校は進学校。

高3はのんび~りと遊びながら、そこそこの国公立大学に合格して大学生活をスタートしたにもかかわらず、大学に面白さを見出せず結局3年で中退。

 

就活がなんだ!おれは就職しないんだ!自分で生きていってやる!

と自信たっぷりな20代前半。

起業しそこそこ自由な生活を満喫していたのですが、

鬱になり、社会復帰に時間がかかり、

今では世間的に見ればただの低所得のフリーターと変わらない会社員的存在。

 

年収は200万。ボーナスも当然なし。

 

別にお金の多少に対してはなんとも思ってません。

今では月給20万以下でも毎月貯金はできるもので、お金のかからない生活には慣れました。

給料たくさんもらってても借金で首が回らなくなっている人もいるわけだし、

その辺に対しては「時給1500円にしろー!」なんて運動を起こす気持ちなんかこれっぽっちもありません。

時給をあげるよりも、いかに手元にお金を残していくかのほうが大切なのよね。

 

 

●記事の要約

www.ikemenmusuko.net

 

引用させていただくのはこの記事です。

・著者は”自称”学歴しかない奴”

筆者は自分のことは、能力がなく学歴しかないと言ってます。

 

・学歴社会はずっと続いている

学歴がない人が「学歴社会っておかしくね?」っていうことには説得力がないと。

 

・あっても困らないもの

学歴っていうのは要するに、ないよりあったほうがいいんじゃない?ということを言っている。

山を登るときの装備に例えて、軽装備で登頂に成功する人は、しっかりした装備ならより安全に登れるやろうと。つまり学歴があって困ることはないよね?と言ってます。

 

●私の立場、考え。

私は筆者のこの意見には同意です。

立場は違いますが、学歴がない人間側で学歴社会を痛感します。

 

地に堕ちて這い上がろうにも、転職先では学歴がいる。

今の社会は一回底辺に落ちてしまうと、這い上がるには相当の何かがなければいけません。

まあそうだよね。見ず知らずの人を評価しようにも、数回の面接で、あなたの何がわかるのって話になるわけで、個人の評価方法がないわけですからね。

 

学歴以外に、「すばらしい、あなたはこんなにもがんばってきたんですね!」と「エクセレントな評価をしてもらえるポイント」

ってないんです。

 

●異常に思えたコメント欄のカキコミ達

「学歴なんて古い時代です!」

「学歴がない人は学歴社会を批判してはいけないのですか?」

 

 

もうこの人達はなんなのか?嫉妬なの?

一個人の意見にここまで言う必要はないと思う。

 

ネットの批判に対していつも思うことなのですが、

記事の批判=個人の人格批判になってる。

個人の人格批判をするのはルール違反だよ。

考えが違うからこそ、討論して、よりよい方向へと話が進んでいくんではないですか。

人格批判を楽しんでいる(ようにしか思えない)連中っていうのはどうも見ていて苦しいです。。。

 

学歴がない人が学歴社会を否定するのは、おかしいよとは言ってません。

「それって、説得力がないよね」っていってるだけです。

 

 

●再度、私が思うこと

 

人生の目的は、誰しも「幸福の追求。」これがメインテーマやと思います。

 

個人が幸せになりやすい方法(確実になれる方法ではないよ、混同しないように)

を考え、探求し、選択しているひとつが学歴であるというのは事実です。

だって、日本の学生を評価する立場にあるご年配の方々、つまり現在の若者を学歴で評価する人たちってのは、「学歴で評価されてきた人たち」なんですから。

 

学歴で評価されてきた人たちが学歴で評価するってのは、至極当然の話。

 

ただ学歴社会というのはひとつのレールでしかないわけですからね。

学歴が必要ないという人は別のレールに進めばよいよい。よよいのよい。

 

ただし、結構未開拓な要素たっぷりのレールだということは忘れちゃいけないよ?

中卒社長!なんて人は未開拓な山道を掘り進んで、自分でトンネル作っちゃったような人なわけだから、そのトンネルを通らせてもらおうっていうのも話が甘い。

 

人生のレールは自分でつくらなくちゃ。そう、幸福の電車道

どんな考え方でもオッケー。

学歴もいらない、お金も一生低所得でいい、俺は俺の自由にやりたいように生きるんだ!

こういう考えもありです。

 

 

私の場合は、自身の学歴とは関係なく、学習の重要性をひしひしと感じています。

なので生涯学習できたらいいな~ということを遠い目標にしつつ、学習の日々です。

 

「何かを学ぶ」それ自身が私の幸せなので、それが他人から評価されようとされなかろうと、収入に関係しようとしなかろうと、知ったこっちゃありません。(もちろん評価されるに越したことはないんだけどね)

それでも私は勉強するの。

 

学歴がない人達は

人の批判コメント書く前に、自分が幸せになる方法考えるのが一番必要なことだと思ったんでした。

 

以上終わり。ちゃんちゃん。