ナナコロビヤオキな人生哲学。

フリーランスからホームレスになって、コンビニエンスな業界で、人生一発逆転を狙ってます。何度転んでも、タダでは起き上がらんぞ!

セブンイレブンについていろいろ書きたい!けどその前に。。

私がこのブログをはじめた頃は、まだ責任者になりたての頃でした。

ちょうど1年前になりますでしょうか。

仕事で先が見えないときに、ただの思いつきで、自転車で100キロほど1日で走りました。

休み一日を利用しての、

大阪ー京都を往復で約100キロ。

 

足は激痛でしたが、いきたかった伏見稲荷に参拝も済ませ、

清清しい思い出として今も心に刻まれております。

次は、自転車で走った100キロを、ランニングでいってみようかと妄想中ですが、こればかりはさすがに実現可能性が低く、やってみたい(=死んでみたい)いつになるかはまだ不明です。

 

やりたいことが、できました。

ここ最近で

「書く」ということ、「考える」ということが、私の人生において真剣に向き合わないといけないテーマになりました。

死後でもいいので、どんな分野でもいいから生きた足跡を残せる人間になりたい。それが私の希望でした。

 

哲学の本(入門書)を読んで、考えるって大切なことなんだなー。

とぼやっとふんわりとした思考を巡らせていたそのときでした。

何故かはわかりませんが、それは空から突然降ってきた雨のように、私の皮膚を、心を刺激しました。

 

「本を書きたいな」

 

そう、感じたのです。

 

それからの日々は、本を書く、考えるっていうことについて自分なりに調べたり、考えたりという毎日が続きました。

 

村上春樹さんのような情景豊かな小説が描きたいわけでもない、大学教授のような難しい論文が書きたいわけでもない。

 

うーん

でも、とにかく書くということを磨くためには、数多く書くことを経験するしか、道はないんだ。

 

「よし、ブログや!」

こんな思考になってしまったが最後、ブログを再度はじめる必要がありそうです。

超めんどくさがり屋な私は、新しいブログを立ち上げるのもめんどくさいし、過去の記事も消してしまいたい(恥ずかしい)のですが、あえてそのまま残しておくことにします。(過去の自分への戒めとしてね)

 

果たして3日坊主になるのか、1週間に1度くらいは継続していけるのか。

はたまた本を書きたいという思いが消え去ってしまうのか。

 

どうなるかは私にもわかりません(笑)

 

ですが、思い思いの言葉を綴っていければと考えています。

 

私に伝えられること

私は現在、セブンイレブンに勤務しています。(3年目です)

現在私が勤めているのはFC店舗であり、直営店ではない為、私はセブンイレブンジャパンの社員というわけではありません。(この辺についての説明も後々していく予定です)

 

しかし、セブンイレブンは、私の人生を大きく変えてくれた(くれている)かけがえのないお店、企業であり、

大変な感謝と信頼を寄せています。

 

日々の仕事をもって恩返しをしていきたいわけでありますけれども、

セブンイレブンのいいところを都合よく書くのではなく、

私なりに、「ここはこうしたほうがいいんじゃないの?」という意見も含め

常に批判的な目線を忘れずに記事をつづっていこうと思う次第であります。

 

批判的に考えるというのは、まだ見ぬ未来を良くしていくために絶対欠かせない要素だからです。

 

プロ野球選手が毎試合ヒット打って、活躍できるわけではありません。

 

ダメだった日に

「今日のバッティングはどこがいけなかったんだろう?」

この振り返りこそが明日の自分を作っていくのです。

 

偉い人や、有名人、マスメディアの言うことにうんうんと肯定ばかりしていては、

明日の自分はありません。

 

どんなことにも批判的な目線を忘れずに、というのもこのブログを通して伝えていきたいメッセージのひとつです。

 

まとめます。私が伝えたいこと

セブンイレブンってこんな企業です。

とにかくお客さんには楽しく買い物してもらいたいし、楽しく働きたいって人も増えて欲しい。コンビニ業界、深刻な人手不足です。

 

・考えることの大切さ

批判的に考えることを通じて、読んでもらってひとつの意見だけしか出ないよりも、いろんな意見の出てくる、多方面に考えてもらえるようなブログを書いていきたいと考えてます。

いろんなテーマにどんどん批判的なメスを入れていきます。

もちろんもっと良くなって欲しいからという思いやりのこめられた、愛の鞭であることは間違いありません。