読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナコロビヤオキな人生哲学。

フリーランスからホームレスになって、コンビニエンスな業界で、人生一発逆転を狙ってます。何度転んでも、タダでは起き上がらんぞ!

ジムに通い始めて4ヶ月が経ちました。

ジムに通いはじめてかわってきました。

 

試行錯誤しながらトレーニングをする日々が続いております。

しこしこ さくさくと トレーニングをする日々。

 

運動するのがおっくうな時期もありましたが

いまでは毎日のようにジムへ。

 

あれ?

おかしい。

 

 

3日坊主な自分。

何をやるにもめんどくさがりで、

できたら家で寝ていたい。

 

そんな自分が・・・

どうして変わったのだろう?

そして筋トレするメリットってなんだろう?

 

あらためて

考えてみた。

 

 

 

  1. テストステロンが体内でがんがん分泌されている
  2. こころとからだはつながっている
  3. 実際にからだがかわっていくのを体感

 

(1)テストステロンについて

筋トレすると・・・

テストステロンは前向きな活力をくれる。

そのホルモンに体が制御されてきたのでしょうか。

 

(2)こころとからだはつながっている

脳みそは一度にひとつのことしか考えられません。

体を動かしていることに夢中になっていると、

悩みやくよくよしていたことがどうでもよくなってきて、

吹っ飛ばされます。

 

 

(3)実際に・・・

最初の写真を撮っておけばよかった。

といまさら後悔。

 

もともとぶくぶくに太っていたわけではなく、(体脂肪率は最高22%でした)

RIZAPみたいなでっぷりした写真は撮れないんですが

 

ここ1ヶ月はやり方がわかってきて、

3月に21%あった体脂肪率

1ヶ月で15%を切るまでにストンと落ちてきています。

1ヶ月でなんと6%。重さで換算すると5kgもの脂肪を減らしています。

 

(食事にももちろん気を使いました。)←運動よりもこちらのほうが大事。

 

いまではお腹のつまめるお肉も少なくなり、

腹筋割れる間近な状態です。

(目指せ6パック!)

 

 

 

体を動かすことによって、自分の心の調子もよくなってきています。

もちろん体の調子も。

仕事での疲れというのがなくなり、

仕事終わりでも元気にジムに通って

筋トレをしたり、泳いだりと

1日を、精力的に、活動的に過ごせるようになりました。

 

そして体力がつくから、また仕事もサクサクはかどる。

仕事、ジム、しごと、じむ、しごと、じむ。

という好ループな循環が続いています。

 

 

昔の自分に言い聞かせたい。

 

もしだるいな。やる気がないな。

そう思うようなことがあれば

まず体を動かす。

 

ココロとカラダはつながっているから

ココロでだるいなと思っていても

カラダを動かすことで

 

ココロのだるいなという感情を打ち消すことができます。

 

だるいなー、めんどくさいなー。

そういう感情は、とにかくカラダを動かすことで解決しましょう。

 

やる気スイッチは脳みそではなく、あなたのカラダの中にありますよ。